RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

チェンバリストのつぶやき

<< ルミエールロビーコンサート♫ | main | 音楽協会総会 >>
チューリッヒから帰りました
0
    しばらくご無沙汰しました!

    チューリッヒに行って参りました。
    公私ともに色々忙しくて出発前に書けませんでしたが、
    二年ぶりのチューリッヒは最高!!!でした。

    お天気は良く、懐かしい友人や恩師に会えて、練習もはかどり、
    打ち合わせもスムーズに行き、なんと仕事も頂いて!


    おまけに行きたかったレストランも全て行けて、買い物も
    スムーズ、友人の誕生パーティーにも参加でき、出産祝いにも行けて、
    恩師の演奏会も聴けて。。。と、まあ普通は旅行は限られた
    時間なので、どうしても予定が狂うものですが、今回はやりたい事が
    全てできた、まれなる旅でした。


    まずは初日。
    高校時代の友人と卒業以来?の再会。
    彼女は10年程前からスイスのヴァレー地方に住んでいて、
    わざわざチューリッヒまで来てくれました。


    このお店は武器庫を改装したもので、歴史があり、何とあの!
    ウイリアム・テルの弓矢も納められていたそうなんです!(ほんまかいな??)

    ここではチューリッヒ名物の仔牛のクリーム煮(写真なし)を
    食べました。


    二日目は恩師のゾンライトナー先生のレッスンを受け、お宅にも
    寄って奥様も一緒にお茶を頂きました。

    これは懐かしのチューリッヒ音大です。後ろに見えるのがディプロマ
    試験で演奏した大ホール


    奥様との写真はまた撮り忘れてしまった。。。泣
    お話に夢中になると写真を撮り忘れてしまいます。

    その後は女の子を出産したチェリストのサラのお祝いに行ったのですが、
    またまた写真撮り忘れ。。。また、カルテットの練習をされていたので、
    (素晴らしいカルテット!)邪魔してはいけないので、余計忘れてしまった
    のだと思います。


    その翌日は念願のチーズフォンデュを食べて大満足!!
    "

    やっぱり本場のはチーズが違うのです。
    グリュエールチーズというのが入っていないと本物じゃないそうです。
    久しぶりに食べて、懐かしかったです。

    夕方からはヴァイオリニストのフレンツィ宅でバースデーパーティー。
    チューリッヒから電車でほんの15分ほどのバーデンに住んでいます。


    何と美しい!!
    Baden(バーデン=お風呂)という名の通り、温泉が湧くそうです。

    フレンツィ宅で、竹吉さやかさんヴァイオリニストのツーショット


    来年のヴィヴァルディ「四季」のソリストとコンサートミストレス♫

    フレンツィ宅では家族親戚勢揃いで、必死で社交したので、またまた
    写真撮り忘れてしまいました。。。
    大切な思い出は心に残しておきます。

    でもピアノが3台も(フルコンも入れて!)ある、エレベータ付きの
    すごいお宅で、やっぱり撮れば良かったなあ。。。
    来年は泊まる様に言われているので、その時こそは!

    4日目はイースターの礼拝で、先生が演奏されました。
    ドッティンゲンのカトリック教会で


    そして最終日にはフレンツィと練習(必死で練習して、もちろん
    写真なし 笑)とってもうまく行きました♫
    「もう明日にでも演奏会できるね〜」なんて言っておりました(^ ^)
    来年が楽しみです!

    その後は同じくヴァイオリンの友人のユミと合流、可愛い可愛い
    カフェ・フェリックスへ(また写真なし)
    オレンジチョコレートケーキが美味しすぎ!!!でした。

    イースター前の最後の買い物で、彼女らと分かれた後は買い物に
    走り回り。。。

    最後は観覧車にも乗りました。
    観覧車からの眺め


    眺望は最高でしたが、こちらの観覧車はすごく回転が早く(4周も
    してくれました!)おまけにコーヒーカップみたいに回るので、
    結構怖かったです(汗)

    チューリッヒ湖も美しく。


    本当に楽しく有意義な滞在となりました。
    私の心の故郷のチューリッヒは、いつも変わらぬ景色で
    迎えてくれます。


    変わらぬ、というと、いつも宿泊するホテルのマルチェロさんも
    相変わらず冗談好きでお元気でした。


    愛する街、チューリッヒ、また来年来るからね。
    しばしのお別れです。



    | - | 01:08 | - | - | - | - |